新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

仕事とは何か?作業とは何か?

おはようございます。

今日は、【仕事】と【作業】の違いについてを書いていきたいと思います。

 

【仕事】⇒目的を理解して創意工夫しながら結果を出す行動

【作業】⇒言われた事を物理的にやるだけ

 

【仕事】を実現するために「作業】をする必要がでてきますが

逆はありません。

 

上司に言われたことをしっかりと間違いなく、言われた通りにこなすことは

【仕事】とは言えず【作業】にすぎません。

 

【良い仕事をするためには】

ずっと【作業】をやっていると【仕事】をした気になります。

プロセスの一部だけを繰り返すだけならばいずれコンピューターやロボット

に置き換えられるでしょう!!もうそういう時代はすでに来ています。

 

良い【仕事】をするためには、その背景や狙い、目的や理由を知っていなければ

自分たちで考えることはできません。

 

やはり、自分だからこそ出来る仕事は楽しい。

 

【作業】は、だれがやっても結果は同じです。(個人差は多少あるでしょう)

指示通りの結果です。しかし、【仕事】はちがいます。

 

1人1人の創意工夫があるからこそ、その結果は変わってくるのです。

【仕事】でどういった創意工夫をするのか、それを考えることも

【仕事】のうちと言えます。

 

結論ですが

①【仕事】は頭を使う。【作業】は頭を使わない。

②【仕事】は結果を生み出す。【作業】は結果に向かっていく工程です。

③【仕事】は自分しかできないこと。【作業】とは誰でもできること。

 

【仕事ができるひととは?】

①時間管理

 時間管理ができる。設定できる。時間通りに【仕事】を終わらせる。

 段取りを計画する。

②目標目的設定力

 仕事をする目的がはっきりしている。どれくらいで終わらせる目標がある。

 決める力がある。

③プラス思考

 すぐにはそれはできないって思う考えが滅多にない人です。

④理解力

 1つを聞いたら3も5もできる人です。最初は、できなくても何度も考えることで

 考える癖ができます。

⑤自己投資できる

 一般的にいって収入の2割は自己投資にまわします。

 普段から自己投資に余念がない。

 

 

 

『叱るべきは行動だ!!』

おはようごうざいます。はんたんです。

店長としてお店を運営していればスタッフに注意をしなければいけない場面は必ずあります。

できていないこと、間違っていることを見過ごしていては、スタッフもお店も育ちません。

かといって厳しく注意をし、そのあとスタッフに暗い表情でお店に立たれるのは困りますよね。

そのままのテンションでは、たとえ接客についたとしても笑顔で接客できず、売上にもつながりにくいでしょうし、お店全体の雰囲気にもマイナスの影響を与えることになります。

また、店長が機嫌を取るような形になるとそれに甘え、注意された後に(言い方は悪いですが)ふてくされたりなど子供っぽい態度を取るようになることもあります。

 

「スタッフの気持ちの切り替えは、仕事の中でできるように教えることも大切です」

 

そのため、私は注意した後は、こんなことを意識してやっています。

・簡単な仕事を頼み、完了したらいつもと同じように声をかける。

⇒「ご苦労様」「ありがとう」

・朝礼などで決めた行動目標を再確認する。

⇒「〇〇さんの今日の行動目標はなんだった?」達成できようにしっかりね。

 

注意は、その後が大切です!!

 

【叱り方について】

『怒る』=相手への期待がなく相手もよりよい方向に導かないもの

『叱る』=相手への期待を込め相手をよりよい方向に導くもの

 

怒る人が、相手に与えるのは威圧感でその先に生まれるのは距離感

叱る人が、相手に与えるのは成長感でその先に生まれるのは信頼感

 

「叱ること」の目的は、「相手の行動をよい方向に変えること」を目的とした「行動の矯正」です。

 

※叱る時の注意点

 ①叱る前にクッション言葉を入れる。

 「〇〇さんにもっと成長してもらうためにこれから「よかった」ところと

 「こうするともっとよくなるという改善点を伝えます。」

 ②人間の集中力は15分程度が限界だと言われています。

  原則として叱るときには、15分以内という短い時間で要点を絞って

  伝えるようにしましょう。

 

【スタッフを叱るとはどういう事か考えてみましょう】

 

何のために叱るのでしょうか。

その答えは、当然のことながら

お客様に感動の場を提供するために行動すべきなのに

・感じよく親切にお客様に接することができていない。

・正確にスピーディーに仕事ができてない。

・食品の安全、クレンリネス、ハウスルール等のルールが守られていない。

こんなときではないでしょうか!!

 

叱ることって本当に必要なの?ほめて伸ばせばいいんじゃないの?

ほめて伸ばすことも大事ですが、叱るべきところはきちんと叱らないとスタッフの

成長にはつながりません。

 

叱るべきは行動です。しっかり実践しましょう!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 それでは、また明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューブックをリニューアルする!!

 

 

おはようございます。はんたんです。

 

今や飲食業界は、似たもの同士の争いであり、商品やサービスだけではなかなか差別化が難しい時代です。

スタッフを育成するのも時間がかかりますし、なかなか採用できない、定着しないなどでお悩みのお店を多いと思います。

そこで、メニューブックをスタッフの代わりをしてもらうのです。

メニューブックは、無遅刻無欠勤、常に同じクォリティーの仕事をしてくれますからこのツールを活用しない手はありません。

 

≪リニューアルのメリット≫

①客単価や粗利益のコントロール

②食材管理やホール&キッチン業務の効率化

③顧客満足度向上

など様々なメリットを得ることができます。

 

【メニューブックを変えてできること】

①客単価が上がる!!

「客単価を上げる方法は2つ」

1.平均商品単価より高い商品を注文してもらうこと

2.平均購買点数よりたくさん注文してもらうこと

「高い商品」を注文してもらうには?

売りたいものは、ページの面積に対して、少なくとも20%以上のスペースを使う

「ついで買い」を誘おう!!

ファーストフードなどでよく使われる「ご一緒にポテトはいかがですか」というやつです。

 

②粗利益が上がる!!

「原価率」ではなく「粗利益」で考える。

 

③キッチン&ホールのオペレーションが効率化する!!

商品の絞り込みを行うようにしましょう。

絞り込みを行うことで、商品数を適正にし、仕込みの手間を減らすわけです。又は、看板メニューを目立たせれば、その商品にオーダーを集中させることができ、作業効率のアップにつながります。

※もちろん商品の中には、どうしても調理に時間がかかってしまうものもあるので、そのような場合は、「どのぐらいの待ち時間で提供できるのか」を明記しておきましょう。

 

④顧客満足度が上がる その①

「初来店」の視点でメニューブックを診断する。

1.このお店のおすすめは何か

2.何をどう注文すればよいのか

3.自分の好きなものはあるのか

4.いくらくらいの予算がかかるか

初来店のお客様は、メニューブックの上の4つをチェックするでしょう!!

 

※メニューブックの5つのチェックポイント

1.看板メニューがはっきりしているか

2.看板メニューの特徴はわかりやすいか

3.お店の価格帯はわかりやすいか

4.レイアウトはスッキリしていて選びやすいか

5.デザインはコンセプトとあっているか

「パッと見て、ピン!とくるかどうか」は、メニューブック作成で非常に重要な視点

 

⑤顧客満足度が上がる!! その②

「リピーター」に満足してもらうために

1.飽きさせない努力をする

メニューを定期的にリフレッシュさせ、常に新しいものを導入していくことが大切

2.季節メニューを入れる

3.お客様が楽しめる情報をのせる

お客様からの意見や感想をのせたり、メニューの開発秘話を紹介したり、人気メニューの食材や調味料、調理のコツを図解で説明する

 

⑥「あなたの想い」を伝えられる!!

コンセプトをお客様にしっかり伝え、喜んでもらえたら、あなたのお店のファンを増やすことができます。つまりお客様とお店の両方のハッピーにつながるのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、また明日!!

 

 

 

 

 

 

山のような仕事を終わらせる方法

 

おはようございます。はんたんです。

 

やらなければいけないことが山のようにあると、つい人は精神的に混乱してしまって、何をすればいいのかわからない状態になりがちです。

 

ある店長は、「早く上司に売上報告書を提出しないと」とパソコンを立ち上げるのですが、「いや、その前に修理依頼の電話を入れておかないと」と電話 へ手をのばします。

しかし、「いや、待てよ!!もうすぐで発注の締切時間だから発注をしないと」と電話を伸ばしていたい手を引っ込めて、「そうだ。今日16時からアルバイトの面接が入ってた」と思い出します。

 

このように頭が混乱した状態で、あっちへ手を出し、こっちへ手を出してバタバタと動き回っているのですが、そのわりには仕事は何1つ進まないのです。

 

今日は、仕事の優先順位について書いていきたいと思います。

 

www.hantan2020.com

 

 

【優先順位をつけて1つずつ仕事を終わらせる】

 

あっち、こっちとバタバタ動き回っているが、そのわりに仕事は何1つ進まない。

このように落ち着きがなく、1つのことに集中できない状態を、心理学では「多動性」と言います。

 

仕事は何1つ進まないにもかかわらず、心身ともに疲労感は大きく、結局はやる気を失っていくことになります。

 

このように、やるべきことが山のようにあって忙しい時に大切なことは、

まず気持ちを落ち着けて、仕事の優先順位を考えるということです。

 

紙にやるべきことを書き出して、何を真っ先にやらなければならないか、とりあえず何は後回しにしてもいいかを整理するのです。

 

そして、優先順位の高いものから1つ1つ仕事を片づけていくのです。

 

1つの仕事が終わるまで、次の仕事へ移らないように心がけることが大切です。

 

また、1つの仕事が終わるまでは、別の仕事のことを頭の中で考えないように心がけることも大切です。

 

1つのことに専念することで、集中力とやる気が増します。

「あっちも、こっちも」と動き回るよりも、1つのことに専念するほうが、仕事は効率的に早く終わるのです。

 

 

【最後に】

大切なことは、

『 重要事項を優先する。』

です。

 

人生を大切にする人は時間を大切にする。

成功のためには、重要事項(第1、2領域)を優先させる必要がある。

大きな成功をおさめ、時間の余裕を作りだす為には、第2領域に集中する必要がある。

(詳しくは以下の記事を読んで下さい)

 

www.hantan2020.com

 

1回に取組むことは1つか2つまでにし、それを最後までやり遂げることが達成感と充実感につながります。

 

決して1度に多くのことには手を出さないようにしましょう!!

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日!!

 

 

 

 

2つの『使用禁止』の言葉!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

以前、仕事で愚痴、泣き言、言い訳は不要だという事を書きました。

 

www.hantan2020.com

 

今回は、店長としてリーダーとして、そして人として使わない方がいい2つの言葉について書いていきたいと思います。

 

 

【2つの使用禁止の言葉】

 

使わない方がいい2つの言葉とは

 

①「なんで自分が!!」

②「でも」「だって」も禁断の言葉

 

より良い仕事を目指していこうと思ったら「でも」という「言い訳」を考える前に「なぜ?」という「原因」を考えることが必要だということ。

 

もし、納得できない事に関しても「でも」「だって」と否定して返すのではなく「なぜできないのか?」を考えることが大切です。

 

心理学の言葉に「命令的思考」というものがあります。

 

「スタッフの前ではいい店長、妻や子供の前ではいいパパでなければならない」

「男として勇気があり、頼りがいのある、周りの人間たちを引っ張っていくリーダーシップがある存在であるべきだ」

 

といったように「~ねばならない」「~べき」という様々な命令をみずからに発して、自分自身をがんじがらめにしていくのです。

 

ある意味、この「命令的思考」が強いタイプの人は、それだけ仕事や人生というものに対して意欲的な姿勢があると言えます。

 

しかし、悲しいことに、途中でどこかでそんな意欲を失ってしまう場合も多いのです。

 

「~ねばならない」「~べき」という命令的思考によって自分をがんじがらめにして生きることは、とてもストレスがたまる生き方だからです。

 

そのために、どこかで疲れ切ってしまって、やる気を失うことになりやすいのです。

 

仕事や人生に対して持続的に意欲を持って生きていくためには、もう少し気持ちを楽に持つことが大切です。

 

 

「いい店長でありたいけど、時々失敗する店長であってもいい」

「勇気にあふれた男になりたいが、時に情けないことをする男であってもしょうがない」

 

といった程度に、完璧を目指さず、「まあまあでいい」と楽観的な気持ちで生きていくほうが、じつは仕事や人生への前向きな意欲が長続きしていきます。

 

 

【最後に】

いつもやる気に満ち溢れていて、元気いっぱいで生きている人には、日常生活の中で「言葉の力」を上手に利用している人が多いです。

 

日本には古くから言葉には「言霊」があると言われている。

 

ある言葉を口にすると、その人の心は、その言葉の持つ「言霊」によって大きな影響を受けるのです。

 

自分のことを話すときに「しょせん」とか「どうせ」といった自分がみじめになるような言い方をやめて自分に誇りを持ちましょう!!

 

 

本日も最後まで読んできたありがとうございます。それではまた明日!!

 

 

 

 

自分の性格を変える方法!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

自分の性格のここが嫌いっていう所は必ずあると思います。

でも、自分はこういう性格だから仕方がないと諦めていませんか!?

 

今日は、「自分の性格を変える方法」について書いていきたいと思います。

 

 

【自分の性格を変える方法について】

 

自分の性格は、「変えられない」のか「変えられる」のか?

 

「私は、何をやるにしても飽きっぽい性格で、すぐにやる気を失ってしまう」という人がいますよね。

 

「健康のためにスポーツクラブに入会したが、飽きっぽい性格だから三日でやる気を失ってしまい、今はもう全然いっていない」という人もいます。

 

「英会話の勉強を始めようと思ったが、買ってきたテキストを机の上に積んだまま、まだ開いてもいない。本当に私は、飽きっぽい性格だ」という人もいます。

 

 

www.hantan2020.com

 

 

しかし、このように「飽きっぽい性格」を言い訳にしている限り、こういったタイプの人は、何事も長続きせず途中で挫折することになるに違いありません。

 

おそらく、こういったタイプの人は、「自分の飽きっぽい性格は永遠に変えることはできない」と、心のどこかで思い込んでいるのではないでしょうか。

 

しかし、ここで大切なことは、

 

「性格というものは、自分次第で変えることができる」

 

ということを自覚することです。

 

www.hantan2020.com

 

アドラーは、「人の性格は、普段の行動習慣と考え方のクセの積み重ねによってできている」と述べています。

 

つまり、普段の行動習慣や考え方のクセを変えることによって、性格も変えることができるという意味です。

 

ここにもアドラー心理学の大切な教えがあります。

 

・行動習慣を変える

・考え方のクセを変える

 

この2つのことを心掛けることによって、自分の性格を変えることができるのです。

 

「飽きっぽい性格の自分」を抜け出して、「何事にもやる気満々の自分」に生まれ変わることができるのです。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた!!

 

 

アドラー心理学の大切な教えの1つ!!

 

こんにちは、はんたんです。

 

今月いっぱいで今のお店を異動することになりました。2か月と非常に短かったですが

私は、プロ店長を目指しているのでどこの地域の店舗でも必ず結果をだすために頑張ると決めています!!

 

しかし、こんな私でも異動前に必ず少しネガティブになります。そう今がその時期です。

 

『自分は、この会社(店舗)にいていいのだろうか』

『自分は、何の役にも立ってないのはと思う』

 

このような考えに陥ってしまう!!

 

自分で自分という人間を認められなくなるのです。

 

今日は、少し元気のない自分に向けて「周りから必要とされる人間になること」に

ついて書いていきたいと思います。

 

 

【自己肯定感が低い】

 

自分で自分という人間を認められないような心の傾向を、心理学では「自己肯定感が低い」という言い方をします。

 

この「自己肯定感が低い」タイプの人は、何事にも消極的で、やる気がなく、人づきあいを避ける傾向があります。

 

では、どのようにすれば、「自己肯定感」を高めることができるのでしょうか。

 

その為に本を読んで自己啓発の勉強をする人もいます。

 

もちろん、そのようなことも重要ですが、もっと簡単に、しかも着実に「自己肯定感」を高める方法があります。

 

アドラー心理学の大切な教えの一つに

「自分にはいきている価値がある」ということを実感するために大切なことは、「人のために自分は何ができるか」を考えることだというものがあります。

 

店長としてスタッフやお客様のために自分に何かできるかを考え、それを実践していけば、やがて多くの人から「このお店(会社)にあなたがいて本当に助かります」と感謝されるようになります。

 

また、友達や知り合い、また家族を喜ばすために自分に何ができるかを考え、それを実践していけば、周りの人たちから必要とされ大切に扱われるようになります。

 

それが「自己肯定感」を高めます。

そして、生きる意味を生み出していくのです。

 

 

www.hantan2020.com

 

 

【最後に】

「できると思えば出来るはずだ。できないと思えばできない」 

 

つまり、「できるか、できないかは、状況や環境が決めるのではない。自分次第で決まる」という事だ。

 

必ず、次の店舗で最高の結果を残せるように頑張りたいと思います。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日!!