新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

飲食店の店長職は、やっぱり不人気な仕事!?

 

おはようございます。はんたんです。

 

学生スタッフと就職の話をすると飲食店の店長は絶対いやですね~とほぼ100%言われます。悲しいと思う一方で、それだけ大変に見えているのだと思います。

 

私も過去何度もこんな仕事もう無理だと思いながらもまだ店長職を続けています。いったいなんでだろうか!?

他にやりたい事がない、もうこの年齢から他のことはできないからなどなど本当の理由はなんなんだろうと思う事もあります。

 

正直、楽しいなぁ~というよりも大変だなぁ~と思うことの方が圧倒的に多い仕事です。

お客様は、決していい人ばかりでなくもう来なくていいと思うような人も多いですしそんな人にも笑顔で接しないといけない。

アルバイトスタッフも同じでいい子ばかりでなく、言うことはきかない、サボる、店のものを勝手に食べるようなアルバイトスタッフも正直いる。 

 

あと労働時間も長いし、休みをなかなか取りにくい。

 

若い人が、こんな仕事に魅力なんて感じないのは当然の事かもしれない。

 

前回の記事には、アルバイトスタッフが抱く本音について書きましたが、アルバイトスタッフが思う理想の店長になるには簡単な内容ですが現場の激務の中で実施していく事は、正直大変なことです。どんなに忙しくて気持ちに余裕がない時もいい店長をお店では演じ続けないといけないことも多い。

 

www.hantan2020.com

 

 こんな大変な店長の仕事だけどいいところもあります。

今日は、私が思う『店長の仕事のいい所』について綺麗事なしの本音で書いていきたいと思います。

 

 

【店長をしていて良かったと思う事】

 

いろいろな仕事があるなかで私は、店長の仕事をしています。

特に自分がオーナーをしている店舗でもないのでお店の利益をたくさん出したからといって還元されるわけでもない。(当然、ボーナスなどで多少が還元されるだろう)

チェーン店などの雇われ店長とはそういうものだと思います。

他の仕事に比べて決して待遇がいいわけでもないし、楽な仕事でもない。

では、なぜこんな仕事を続けているのだろうか?

 

☆私が個人的に思う店長の仕事のいいところ☆

 

①自分で採用から育成まですべてできる。

自分の育てたい人、働きたい人を中心にしてチームを作ることができる。

 

②自己責任でなんでもできる。

これは会社にもよるがきちんと数値管理ができていれば自分の好きなようにお店を変えることができる。

 

③休みを自由に決める事ができる。

人さえいれば土日祝、お盆、年末年始でも休める。

 

④上司が、毎日いるわけではないので気楽にできる。

月1、2回上司がくる以外は、自分のペースで仕事ができる。

 

⑤労働時間も自分で調整できる。

人さえいれば1日8時間できちんと帰る事ができる。

 

あまりポジティブな内容ではないが私が思う店長職のメリットです。

自分で立てた目標を達成し、結果を残せているのが大前提にはなりますが、人がいて、売れてさえいれば、好き勝手できるのが店長の仕事いいところだと思います。

 

8月は、私はあまり体調も良くなかったので正直あまり店舗で働きませんでした。

それが可能だったのは、店長がいなくてもお店をきちんと運営できるだけのアルバイトスタッフがいたからです。店長が汗流しながら現場で働く事は大切ですが、注文きいたり、料理を提供したらアルバイトスタッフができる仕事は、まかせて店長は、店長の仕事をするのが本来の仕事です。

 

9月からは、私の仕事のスタイルも変えていこうと思っています。今までは、熱い気持ちで目標を気合いと根性でなにがなんでも達成させようと頑張りすぎていたように思います。こういうスタイルに共感はする人は多いかもしれませんが、こんな人をみてこの仕事をやりたいという気持ちにはなかなかならないように思う。

サービス業でもきちんとした労働環境で働けるだという所もみせていける店長にもなっていきたいと思います。

 

【最後に】

たまに店長の過労死なんていう暗いニュースを目にすることがありますが、人さえいれば店長が、死ぬほど働く必要はありません。

店長は、利益を出すのが仕事ですが自分の命を削ってまで仕事する必要はありません。

人件費を使いすぎだと怒られるぐらいです。謝りながら怒られるのを我慢すればいいです。

自分が経営している店舗ではないのでここは割り切って雇われ店長なんだからと思えばいいです。

1日、14,5時間とか長時間働く必要はありません。

飲食店の店長職が、もって魅力的でなりたいような仕事にするためにも労働環境の改善は進めていかないといけないことだと思います。

この店長あまり仕事してないなぁっていい意味でアルバイトスタッフが思うような働き方に変えていけたらと思っています。

難易度は高いですがこれから私は実践していきたいと思います。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた!!

締め切りを決めて始める!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

新しい店舗にかわり3日が経過しました。ほぼ全スタッフと挨拶程度ですがコミュニケーションが終わった感じです。良いところもたくさんあるお店ですが機会点も多いです。

 

この3日で今後すべきことがほぼ確定しました。

 

私の会社は4月から9月の業績目標の結果でボーナスの査定が決まります。9月末までという期限を決めて目標をSMARTに作成して実施していかないとお給料に影響します。店長は、結果がすべてなのでシビアです。

 

SMARTを知らない方は、こちらの記事を確認してください。

 www.hantan2020.com

 

今日は、「期限を決める事の重要性」について書いていきたいと思います。

 

 

【締め切りを明確化する】

やる気を高めるテクニックの1つに、「締め切りを明確化する」ということがあります。

 

「締め切りがない。時間はどんなにかかってもいい」という状態では、気持ちがたるんでしまって、やる気は高まりません。

 

「いついつまでに」という締め切りがあるから、「それまでに間に合うよう、がんばろう」という気持ちが起こるのです。

 

心理学的には、これを、「締め切り効果」と言うそうです。

 

仕事などでは、多くの場合、初めから締め切りが設定されているものです。

 

仕事と同じようにプライベートの生活でも、締め切りを作っておくほうがいいように思います。

 

「30歳になるまでに、必ずいい人を見つけて結婚する」

「夏までにがんばって5キロやせる」

「今年じゅうに貯金の金額を倍に増やす」

「今年中に外車を購入する、マイホームを購入する」

 

といったような感じです。

 

目標にすることには、このように自分なりの締め切りを設定しておくことで、やる気が高まるのです。

 

ただし、2つ注意点があります。

 

①無理な締め切り設定はしない

 

②締め切りを遠い未来に設定しない

 

この2つは、かえってやる気を奪う原因になります。

 

www.hantan2020.com

 

 

【最後に】

私は、仕事は期限を決めて進めていくのが得意なほうだと思います。これは、若い頃に上司からうるさく言われてきたのが今では習慣化されているからだと思います。

 

しかし、プライベートの生活ではまったくできていません。無計画な感じです。。。

 

今も仕事中心の生活で、休みも仕事の事ばかり考えている生活です。今日も休みですが仕事してます。これは本当によくない!!

 

明日からは、プライベートの生活でも、「締め切り」を作ってがんばっていきたいと思います。

 

まずは、9月末までに5キロダイエットを目標にします(笑)

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山のような仕事を終わらせる方法

 

おはようございます。はんたんです。

 

やらなければいけないことが山のようにあると、つい人は精神的に混乱してしまって、何をすればいいのかわからない状態になりがちです。

 

ある店長は、「早く上司に売上報告書を提出しないと」とパソコンを立ち上げるのですが、「いや、その前に修理依頼の電話を入れておかないと」と電話 へ手をのばします。

しかし、「いや、待てよ!!もうすぐで発注の締切時間だから発注をしないと」と電話を伸ばしていたい手を引っ込めて、「そうだ。今日16時からアルバイトの面接が入ってた」と思い出します。

 

このように頭が混乱した状態で、あっちへ手を出し、こっちへ手を出してバタバタと動き回っているのですが、そのわりには仕事は何1つ進まないのです。

 

今日は、仕事の優先順位について書いていきたいと思います。

 

www.hantan2020.com

 

 

【優先順位をつけて1つずつ仕事を終わらせる】

 

あっち、こっちとバタバタ動き回っているが、そのわりに仕事は何1つ進まない。

このように落ち着きがなく、1つのことに集中できない状態を、心理学では「多動性」と言います。

 

仕事は何1つ進まないにもかかわらず、心身ともに疲労感は大きく、結局はやる気を失っていくことになります。

 

このように、やるべきことが山のようにあって忙しい時に大切なことは、

まず気持ちを落ち着けて、仕事の優先順位を考えるということです。

 

紙にやるべきことを書き出して、何を真っ先にやらなければならないか、とりあえず何は後回しにしてもいいかを整理するのです。

 

そして、優先順位の高いものから1つ1つ仕事を片づけていくのです。

 

1つの仕事が終わるまで、次の仕事へ移らないように心がけることが大切です。

 

また、1つの仕事が終わるまでは、別の仕事のことを頭の中で考えないように心がけることも大切です。

 

1つのことに専念することで、集中力とやる気が増します。

「あっちも、こっちも」と動き回るよりも、1つのことに専念するほうが、仕事は効率的に早く終わるのです。

 

 

【最後に】

大切なことは、

『 重要事項を優先する。』

です。

 

人生を大切にする人は時間を大切にする。

成功のためには、重要事項(第1、2領域)を優先させる必要がある。

大きな成功をおさめ、時間の余裕を作りだす為には、第2領域に集中する必要がある。

(詳しくは以下の記事を読んで下さい)

 

www.hantan2020.com

 

1回に取組むことは1つか2つまでにし、それを最後までやり遂げることが達成感と充実感につながります。

 

決して1度に多くのことには手を出さないようにしましょう!!

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日!!

 

 

 

 

『頑張らなくても100%売上を上げる方法』はこれだ!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

今日のブログのタイトルのように

 

『頑張らなくても100%売上を上げる方法』

 

www.hantan2020.com

 

 って書いてあったらどんな方法なんだと是非教えてほしいと思うと思います。このような魅力的に感じる内容を本当によくインターネットやメルマガでよく見かけます。

 

私も店長をしているのでお店の売上を上げるために日々努力していますが、なかなか思うように売上が伸びず壁にぶち当たって苦しんでいる時に「頑張らなくても100%売上を上げる方法」なんてあれば知りたい!!って思ってしまいます。

 

でも、それは「ちょっと危険!?かもしれませんね」ってことを今日は書いていきたいと思います。

 

 

【本当にこの情報は必要なのか!?】

頑張らなくても売上が上がる方法があれば是非、教えてほしくないですか!?

 

私はもし本当にあるなら知りたいのが本音です。

 

実際にすごく気になりますし素直な人であれば疑うこともあまりしないので

「えっマジで!?」となって、高額の商品を購入してしまうこともあると思います。

 

今日、私が言いたいことは、「こんなことに騙されないで~!!」や「もっと慎重に選びましょう!!」といったことを言いたいわけではありません。

 

中には本当に素晴らしものもあるし、それで人のお役に立っているコンサルタントもたくさんいると思います。

私も参考になりそうな人のメルマガに登録したり、教材を購入したこともあります。

 

それに、自分1人でなんとかしていこうとせずにその道の専門家の力を使っていくこともとても大切なことだと思います。

 

 

【現代社会は情報が多すぎる】

今は、インターネットで調べればなんでも簡単に情報を手に入れることができます。

でも、この便利になったことで多くの人は、

 

経験する ⇒ やってみる ⇒ 実験する

 

という流れをしなくてもよくなってしまっているように思います。

 

でも、これは、店長としてお店を経営していくには絶対に必要なプロセスです。

 

なぜなら、最初から100%うまくいくことはないし、がんばらなくても売上を上げる方法もこの世の中に存在しません。

 

大切なことは、インターネットで正解を探すのではなく、

自分の成功パターンを見つける事です。(こうすれば結果ができるというパターン)

そして、それを磨いて伸ばしていくことです。

 

これは、「経験する⇒やってみる⇒実験する」その中から生み出されます。

 

だから、もし自分の成功パターンや自分にあったやり方がわからないのであれば、まずは色々やってみて経験することが何よりも大切です。

 

 

最後に】

情報化社会となり、誰でもどんな情報でも簡単に一瞬で手に入れることができる時代になりました。

情報ばかり意識してそれに振り回されるとどうなるでしょうか?

自分はどう思うのか!?よりも何が正しいのか!?そればかり考えるようになったり、インターネットで手に入れて、評判とか、噂をうのみにして自分は何も行動していないのにさも行動したかのように満足してそれで終了になる。

 

経営で考えると

売上が伸びない、集客が伸びない、安定しないなどの原因は、情報が足りていなかったり、まだほかに知らない情報が世の中に埋もれているわけではない。

 

そんなことがほとんどのように思います。

 

スティーブジョブズの名言にこのような言葉があります。

 

「やらない事を決める」それが経営!!

 

たくさんの情報にあふれている時代に

「不要なものをいかに捨てるか!?」

 

今、必要ではない9割を捨てて、今重要なことに集中して安定的な成果を上げて

いけるように頑張っていきましょう!!

 

ネットで「正解を探せば探すほど動きはとまります!!」

失敗をおそれずどんどん目の前の課題をクリアできるようにチャレンジしてそれを修正していけばいずれ自分の成功パターンが出来上がります!!

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

目標の立て方3つのポイント!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

1日1日の積み重ねで1カ月、1年の結果になります。

もし1日1日の数字を見ないで日々経営していたら・・・

飛行機に乗ってその日1日計器を見ないで操縦するということ同じです。飛行機はどこへ飛んでいてどこへ着陸するのかわからなくなってしまいます。同様に日々の経営から目を離したら目標とするものに到達できるわけありません。

今日は目標の立て方について説明していきます。

 

【目標の立て方のポイント3つ】

①現有能力の120〜130%のところに設定する。

   (例)17万円の売上を21万円にするというのはこの枠の中に納まっています。

 

②SMARTルールで策定する

 1.Specific(具体的)

 誰が何をするか第三者が同じレベルで理解できるか?

 2.Measurable(測定可能)

量、質、時間、条件が設定されているか?

 3.Attainable(達成可能)

達成の責任者が努力をすれば達成できるレベルか?

 4.Relevant(関連性の確保)

 達成したいゴールと関連性があるか?

 5.Time-bound(期限が切ってある)

期限が決まってあるか?

 

③本人とよく話しあった上で策定する

人は自分自身で行動を決め。自分自身が行動の主体でありたいとする欲求(自律性欲求)を持っているからです。

 

目標は、設定することが目的ではなく、達成という「結果」を出すために設定するものです。結果は、行動の積み重ねでつくられるもの。

 

【途中で目標の変更を認める】

目標をしっかりと定めても当然、予定通りにいくとは限りません。

しかし、「どうせ上手くできない」と思う癖があるうちは、目標は達成できませんし、成長も促されません。だから、「期限内は1度決めた目標の変更をしないルール」をあらかじめ決めておくと効果的です。

1度決めた目標を変更しないというルールをはじめに決めてしまえば相手は言い訳に逃げることができません。そうすると脳が「空白の原則」を発動し、「どうすれば目標を達成できるか?」に意識を向けるようになります。厳しい状況の時に必死で考える経験は学びと成長につながります。

*空白の原則とは脳は空白をつくるとそれを埋めようとする習性を持っています。例えば、あなたが、〇時〇分に待ち合わせをしていて電車で向かっているとします。電車が遅延し時間までに到着できないことがわかったとしたらどうしますか。なんとしても時間内に到着しようと別の行き方を必死でスマホで検索するでしょう。これが空白の原則です。

 

最初的に目標の達成には強い願望と気合と根性があるかないかの差です!!

NEVER  GIVE  UP(決してあきらめない)

 

強い願望を持ち、それがいつの日か実現できると心から信じていれば困難な状況から抜け出し目標を達成する方法を必ず見つける事ができます。頑張りましょう!!

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、教え上手ですか!?

 

 おはようございます。はんたんです。

 

人の採用が困難な昨今、決して能力の高い人ばかり採用できる時代ではありません。

 

あなたもリーダーとして「何度説明してもあまり理解してもらえない。やる気を感じてもらえない。」といった自分から意欲的に学んでくるようなガツガツとしたタイプではない若者に仕事を教えていかないといけません。

 

今回は、「教え方」について書いていきたいと思います。

 

私は、教えるのが得意です!!という人は少ないと思います。

そもそも教え上手とはどんな人でしょうか??

 

【教え上手とそうでない人の違いは2つ】

①相手の能力に合わせた教え方ができるか否か

 

②相手の気持ちを尊重できるか否か

 

「これくらいのことは、知っているべき」

「こういう場面では、自分で考えて動けるべき」

人間は、自分の「べき」を相手に押し付けてしまいがちです。

しかし、「べき」を押し付けたところで知らないし、できないことができるようになるわけではありません。

 

相手の習得レベルに合わせて教えていかないといけません。

 

レベル①知識増加ステージ(入社後~0.5人前まで)

全くの初心者の段階です。このステージの教える目的は、必要な知識・手順・ルールを増やすことです。

 

レベル②自分で教える力習得ステージ(0.5人前~1人前まで)

このステージの目的は、頭の中に考え方、行動のフレームをつくることです。

 

レベル③質問のステージ(1人前~1.5人前まで)

このステージの目的は、「自分で考えて動く力(自己調整学習力)」を高めることです。

『自分で考えるクセ』を身につける!!

 

レベル④任せるステージ(1.5人前~)

責任ある役割を任せることでさらに成長させる。

 

「相手基準」に立ち、知らないこと、できないことは、その現実を受け止め相手に合った教え方をしていくことが大切です。

 

【仕事を教える目的について】

仕事を教えるという目的は、結果を出し、チームに貢献できる人にすることです。

仕事を教えるという行為、教育の効果は、相手が変わったかどうかで判断するというルールに基づいて行う必要がある。

だからこそ、「相手基準」に立ち、知らないこと、できないことは、その現実を受け止め、相手に合った教え方をしていくことが必要です。

このスタンスが、相手を効果的、効率的に結果を出し、チームに貢献できる人にするためには必要なのです。

あと人が成長していくためには、「仕事の進め方」と「心のあり方」の両方を高めていく必要があります。

「心にあり方」をなぜ必要なのかという背景を伝えた上で「具体的にこうしよう」と行動に「翻訳」し、行動基準を提示してあげる。

やり方を教え、「心のあり方」を伝えて、さらに行動基準を示すと効果的です。

是非、実践してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日!!

 

 

 

 

 

 

なぜたった5人のお客様で売上100万円を超えれるのか!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

今回は、「なぜたった5人のお客様で売上100万円を超えれるのか!!」という話です。

 

 

①売上アップについて

まずは売上の公式についてです。

【公式】

売上 = 客数 × 客単価

客数 = 既存顧客 + 新規顧客 - 流出顧客

客単価 = 利用頻度 × 1回あたりの利用金額(注文点数×商品単価) 

 

1.新規顧客の増加 2.流出顧客の減少 3.利用頻度の増加

4.注意点数の増大 5.商品単価の向上

 

売上をあげるには1~5になるようにアクションをとらないといけないと考えるの一般的ではないでしょうか!?

 

今回は、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値⇒一人のお客様から生涯お店にもたらす売上の合計)というあまりききなれない言葉だと思いますが、動画で加藤将太さんが、「なぜたった5人のお客様で売上100万円を超えれるか!!」について詳しく説明してくれています。是非、ご確認下さい。

 

 

 ②客数アップについて

単純に「客数アップ」と言ってもその中身を知っていないと具体的な戦略は打てません。

「客数=来店単位のバリエーション×1組当たり人数×来店頻度」という考え方を持つ必要があります。

「年間来店客数=来店組数×1組当たりの人数×年間来店回数」

ほとんどの店では、「来店組数」を上げるために安売りに走ったり、販促費をかけたりしていますが、実際は、費用対効果が合わないケースが多い。

売上の高い店は、「来店組数」が多いように見えますが、実際は、「1組当たりの人数」が多かったり、「年間来店回数」が多かったりするのです。

1組当たりの人数」に関しては、その組(グループ)の中心となる人がどれだけ友達を誘ったりしたくなるかということですし、「年間来店回数」に関しては、また来たくなるようなアプローチをしているかということになります。

いずれも「来ていただいたお客様を大切にする」ことですので安売るや販促コストをかけることとは違っています。

 

「1組当たりの人数」と「年間来店回数」をあげるポイント

①グループのリーダーを見つけて、その人にターゲットを絞って販促をする。

②複数で来ていただいたお客様に何かメリットがあるような仕掛けをする。

③帰り際に次回来店を促す声掛けをする。

といったことを徹底することで効果的でかつ持続性の高い集客アップが図れます。

 

とにかく客数、集客に苦労している方は、「客数を変えずにあなたのお店の利益を倍にする方法」の動画をご確認ください。すごくわかりやすいです!!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、また明日!!