新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

本当のコミュニケーションとは

 

こんにちは、はんたんです。

 

サービス業をしていて最初に目指す目標が、店長ではないでしょうか。

自分が、お店のトップに立ち、自分で目標を立てそれをスタッフと

ともに実践する。そしていい結果がでたらなんとも言えない喜びがあります。

今日は、店長の仕事について書いていきたいと思います。

 

 

【お店の責任者として店長がすべき事】

 それは、お店の売上を確保(予算達成)する事

                     ⇩

 そのためには顧客を増やしていく事が重要

                    ⇩

顧客を増やしていく為には戦略を立て実行する必要があります。

                      

実行し実現する為にはスタッフを育てる事が欠かせません。

                       

更に言うならスタッフを育てるのにまず大切になるのは

コミュニケーションを取る事、スタッフと話す、聴くの

コミュニケーションを重ね、信頼を得る事が大切です。

https://1.bp.blogspot.com/-_kT-8xlbW08/V2vYKQv2_lI/AAAAAAAA78E/RBEwIoQAdKMXycaWL4HVb_Z1LFD7MSr5ACLcB/s180-c/kumiawase_business.png

 

店長=部下を通じて自己の責任果たす人

 

ここで言うコミュニケーションとは・・・

 

コミュニケーションとは「会話」ではなく「対話」である。

アルバイトに厳しく言うと辞めてしまうから「注意もできない」「シフトに入ってと強く言えない」。言い方は悪いですが「アルバイトの言いなり」になってしまっている店長や社員が多い。

基本的にはアルバイトとの「関係性」が構築できていれば厳しく叱っても、「シフトに入ってよ!!」と強く言ってもアルバイトが辞めるなんてことはないはず。

では、どうやって「関連性」は、築けばいいか?

これも世間でよく言うのはコミュニケーションをとればいいと!!

 

「コミュニケーションって何⁇」

 

上辺だけの「会話」ばかりしていると「この人とはそういう関係なんだ」とさえ思ってしまうことだってありますよね。

 

逆に同じ話をするでも相手の人が伝えたいことを理解しようと思った瞬間に「会話」は「対話」へと変化していきます。

 

「どんなことを伝えようとしているのか?」「どんなことに困っているのか?」とあなたが相手の人を理解しようとすればするほどこの人は、自分のことを理解しようとしてくれていると思ってもらえます。

「会話」は何百時間重ねても会話に過ぎません。でも、「対話」はわずか1分でも数を重ねていくことにお互いの理解へと進んでいきます。

是非、この事を意識してスタッフとどんどんコミュニケーションをとって下さいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それではまた明日