新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

メニューブックをリニューアルする!!

 

こんにちは、はんたんです。

今や飲食業界は、似たもの同士の争いであり、商品やサービスだけではなかなか差別化が難しい時代です。

スタッフを育成するのも時間がかかりますし、なかなか採用できない、定着しないなどでお悩みのお店を多いと思います。

そこで、メニューブックをスタッフの代わりをしてもらうのです。

メニューブックは、無遅刻無欠勤、常に同じクォリティーの仕事をしてくれますからこのツールを活用しない手はありません。

 

≪リニューアルのメリット≫

①客単価や粗利益のコントロール

②食材管理やホール&キッチン業務の効率化

③顧客満足度向上

など様々なメリットを得ることができます。

 

【メニューブックを変えてできること】

①客単価が上がる!!

「客単価を上げる方法は2つ」

1.平均商品単価より高い商品を注文してもらうこと

2.平均購買点数よりたくさん注文してもらうこと

「高い商品」を注文してもらうには?

売りたいものは、ページの面積に対して、少なくとも20%以上のスペースを使う

「ついで買い」を誘おう!!

ファーストフードなどでよく使われる「ご一緒にポテトはいかがですか」というやつです。

 

②粗利益が上がる!!

「原価率」ではなく「粗利益」で考える。

 

③キッチン&ホールのオペレーションが効率化する!!

商品の絞り込みを行うようにしましょう。

絞り込みを行うことで、商品数を適正にし、仕込みの手間を減らすわけです。又は、看板メニューを目立たせれば、その商品にオーダーを集中させることができ、作業効率のアップにつながります。

※もちろん商品の中には、どうしても調理に時間がかかってしまうものもあるので、そのような場合は、「どのぐらいの待ち時間で提供できるのか」を明記しておきましょう。

 

④顧客満足度が上がる その①

「初来店」の視点でメニューブックを診断する。

1.このお店のおすすめは何か

2.何をどう注文すればよいのか

3.自分の好きなものはあるのか

4.いくらくらいの予算がかかるか

初来店のお客様は、メニューブックの上の4つをチェックするでしょう!!

 

※メニューブックの5つのチェックポイント

1.看板メニューがはっきりしているか

2.看板メニューの特徴はわかりやすいか

3.お店の価格帯はわかりやすいか

4.レイアウトはスッキリしていて選びやすいか

5.デザインはコンセプトとあっているか

「パッと見て、ピン!とくるかどうか」は、メニューブック作成で非常に重要な視点

 

⑤顧客満足度が上がる!! その②

「リピーター」に満足してもらうために

1.飽きさせない努力をする

メニューを定期的にリフレッシュさせ、常に新しいものを導入していくことが大切

2.季節メニューを入れる

3.お客様が楽しめる情報をのせる

お客様からの意見や感想をのせたり、メニューの開発秘話を紹介したり、人気メニューの食材や調味料、調理のコツを図解で説明する

 

⑥「あなたの想い」を伝えられる!!

コンセプトをお客様にしっかり伝え、喜んでもらえたら、あなたのお店のファンを増やすことができます。つまりお客様とお店の両方のハッピーにつながるのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、また明日!!