新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

『店長続けていけないかも』から抜け出す方法

 

 

おはようございます。はんたんです。

 

前回の『諦めたときすべては終わる』で、店長は諦めない気持ちがなくてはならないという事を書きました。これは、リーダーとして絶対に必要なことだと思います。

しかし、努力・根性といった精神論は、非常に大切ですがそれだけではなかなか店長という仕事は続けていけない。

今日は、店長の働き方について書いていきたいと思います。

 

www.hantan2020.com

 

 

店長になったばかりの時は、「とにかく動くこと」これはすごく大切な事です。

まずは、あれこれ考えてばかりで動けないという状態ではなく、とにかく考えずに制限なくがむしゃらに動ける自分になる、大量行動を恐れない自分になる。

 

『行動なしで何か成果が出ることはまずない!!』

 

しかし、制限なくがむしゃらに続けていくと、「俺、このままこの仕事続けていって大丈夫なのか」「この先、ずっと店長やっていけるのか」といった不安が頭をよぎります。

 

この努力、根性だけの店長から抜け出す方法があります。

 

それは、自分ができることとできないことを正しく認識することです。

つまり、強みと弱みをきちんと理解することです。

まず自分の得意なこと、この強みの認識ができていないと弱みの部分を埋めようとしがちです。この状態だとどんだけ一生懸命頑張っても自分はまだまだ努力が足りないという考えからなかなか抜けることができない。

まず、自分の強さを徹底的にのばすことを考えて下さい。

次に弱点を知ることです!!

弱みの理解は必要ですが、自己否定はいらない!!できない部分もあって良いとまず認めるということです。

自分の強みを磨いて伸ばして、弱みの部分は人にフォローをしてもらうようにすればいいのです。

つまり、「頼ること」を覚えていくことです。

 

『自分一人で出来る事は限られている』

 

自分一人で背負込まずできない自分をよく理解して、周りに協力を素直に求めるんです。

 

大丈夫です!!必ず協力してくれる人はいますからね。頑張りましょう。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、また明日