新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

キーワード『変わるのは自分だ!!』

 

おはようございます。はんたんです。

 

人間は、変わりたくない生き物です!!

 

しかし、あの人嫌だなぁ、この会社最悪、友達のこういうところなおしてほしいなぁなど、自分以外のことはかわってほしいと願っています。

 

結論として

『他人を変えるのはとても難しいです』

 

今日は、人それぞれの個性について書いていきたいと思います。

 

 

www.hantan2020.com

 

 

 

【素晴らしい個性について】

外見だけでなく、好みや価値観、考え方という内面も人それぞれに違いがあります。

親、教師、上司、先輩といった対場であるなら、子供、部下、後輩の「個性をいいほうに導いてあげる」ように行動したいですね。

 

店長をしているとお店には下は高校生から上は70歳ぐらいまでいてさらに様々な国籍のスタッフも在籍していて本当に様々な個性を束ねてチームとして1つの目標に向けて皆についてきてもらうようにしていかないといけません。

 

このバラバラの個性をうまくいかす事ができなければお店では成果はだしにくいです。

しかし、いかす事ができれば大きな力になりすばらしい成果を上げる事もできます。

 

 

個性を変えるものではなく、磨くものです。

その磨かれた個性が「魅力」になる。

そして、この魅力が「自信」になる。

 

私は、そう思ってどんなスタッフとも接するように心がけています。

なぜなら、そういう考え方でないと個性が、嫌いな所に見えその人とはもう関わりたくないという感情になるからです。

こうなったら店長としてもう終わりです。自分の好きなスタッフとしか関われない店長になってしまいます。もうお店を束ねていくことは無理です。

 

人と違う部分は、コンプレックスになることもありますがそれは、「素晴らしい個性」になる可能性が潜んでいるんですよね。

 

いかすも殺すもあなたの導き方次第だと思います。

 

 

【最後に】

店長としてやってはいけない事の1つとしてスタッフを変えようとする事です。

(当然、お店のルールを守れない人には変わってもらわないといけません。)

 

理由は、「他人を変えることはとても難しい」からです。

 

自分の思った通りに周りのスタッフを変えるのは非常に難しいですし時間もかかります。

 

しかし、自分を変える事は簡単です!!

 

変わろって思った瞬間に変われます。自分が変わった時に周りも一緒に変わっていく事が多いです。

是非、素直な気持ちで実践して見て下さい。

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた明日!!