新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

「合わない」は、現代病

こんにちは、はんたんです。

 

キーワード「合わない」!!

「上司と合わない、あいつと合わない、この仕事と合わない。」などなど「合わない」は、現代病の1つです。

 

両親も違えば、育ってきた環境も違うので皆、合わないに決まっています。

だから、好き嫌いですぐ「合わない」ってきって捨ててたら、

最悪誰とも一緒にいれなくなり、仕事や学校をやめ、ニートになるしかありません。

 

世界は合わないことだらけであり、合わせていく事が人生です。

自分にもっとふさわしい場所があるはず!といういわゆる自分探しってやつですが

残念ながらそんな場所は、この世の中には絶対ありません。

合う場所を探すのではなく、自分でその環境をよりよくしていくしかないです。

じゃないと仕事を転々と変える事になるだけです。

合わないと愚痴ばかりこぼしていたらメシの食えない大人になってしまう。

生きるには強さが必要です。

 

【人のせいにしない人間になる】

嫌なことが起こったり身に不遇を感じたりするとついつい人のせいにしたくなってしまいます。自分が今、こんな環境にいるのは、この会社や学校が悪いなど。

他人のせいだと思いこんでしまう人が本当に多いように思います。

しかし、これは、建設的ではありません。この考え方は、自分も不幸にし何も生み出しません。人のせいにして一体誰が幸せになれるのでしょうか。

仮に今起こっている不幸を全部かき集めて他人のせいにしたとしても結局のところ何も解決はしないのです。

他人のせいにするのは簡単ですが、建設的ではありません。

なるべく他人のせいだと考えないようにするのがいいです。

人のせいにしないというのは、偽善でもなんでもなく、自分の為に行うべきです。

人のせいにしても何も解決しません。

何も解決しないことをいつまでもイライラしたり悔やみ続けても意味がないのです。

それならば、悩みや問題解決に向けて取り組んでいく方が建設的ではないでしょうか。

私が人のせいにしない方がいいといっているのは他ならぬ自分の為なのです。

人のせいにしてしまうと問題を解決する力が失われます。人のせいにするということは問題に対して真正面から向き合っていないことになります。

問題を変えると責任転嫁しているともいえるでしょう。責任転嫁すれば少しだけ楽になるかもしれませんが、自己の成長を妨げてしまいます。

自己の成長という意味で、私は、悪い物事他人のせいにするのはおすすめしません。

この世の中に自分が100%満足していく環境は絶対にありません。

その環境で満足するために自分自身がかわるしかありません。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうござます。

それでは、また明日!!