新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

武井壮の『大人の育て方』について

f:id:hantan030510:20180324074349p:plain

 おはようございます。はんたんです。

 

今日、紹介するのは武井壮の大人の育て方です。「価値=人が求める数」という自分の根本的な考えを変えさせてくれた内容です。

私はこれまで10回以上見ていますが、ビジネスマンだけでなく、どんな人にも心に響く素晴らしい内容です。是非、是非、ご覧ください。

 

 

【物事の価値を生むのは人が求める数だ】

陸上競技って世界中で誰もが知っているメジャースポーツなんですよ。だけど、日本の陸上競技ってどうなってるかというと、陸上競技って100、200、400Mとか色んな競技があって、大体25種目、女子もあるから、日本選手権は50種目ある。

日本選手権は、50人が50種目に出ているいるので2,500人いるわけです。

日本最高峰の大会に出場する選手は2,500人いるってことなのね。

で国立競技場、あれ満席で50,000人くらいで満席といわれています。

2,500人が50,000人埋めるのには1人の選手がたった20人呼べば50,000人が満席になります。でも陸上の日本選手権が満席になっているのを俺は見た事がないです。一度も!!

2,500人のその道のトップの選手たちが争う、年一回しかない大会を足を運んで見に行きたいと思う人がぶっちゃけ10,000人いるかいないかなんですよってことは、これ以下の価値だということ。

一人一人の選手の価値って1人に対して20人くらいしか埋めれていない。

これが、今のスポーツ界の現状です。

 

【「オトナになっても夢は叶う」ということを子供に見せてあげられるオトナになること、それがオトナの育て方】

 

武井壮は、どんなに朝から晩までお仕事がつまっていても必ず1日が終わった後に1時間トレーニングをする。

自分が持っていなかった能力を少しでも磨いて、昨日の僕より、今日の僕が成長してあげれるようにする。

それと今の僕が知らない事、例えば初めて聞いたニュースを1時間必ず調べる。勉強するってことを。

この2時間だけはどんなに遅くて時間が無くても自分にプレゼントしてあげるようにしているんですと・・・・

 

「大人になっても夢は叶う」ということを

子供に見せてあげれる大人になること」

それがオトナの育て方

 

  武井壮

 

本当にかっこいいですね。

 

【最後に】

私は、武井壮の「大人の育て方」から2つの学びがありました。

1つ目は、無知である事の怖さ

2つ目は、努力の方向性が正しいかという事

 

話をきいて全然しらなかったなと思うことが多かった。自分が勉強不足であることを痛感させられた。あと子供に頑張れば夢は叶うよなんて簡単にはいってはいけないなと、、、

私もどこか気合い、根性でがんばったらなんとかなるという考えがあったがそれは違うんだなということ。

仕事でもそうで、多くの人が一生懸命がんばっているのにすべての人が成功しているわけではない。やはり正しい場所で正しい努力ができているか!!が重要

 

林修さんも言っていました。

「努力は裏切らないという言葉は不正解である。正しくは、正しい場所で、正しい方向で充分な量をなされた努力は裏切らない。」と

 

武井壮さんは、あんなに忙しいのに仕事のあと毎日2時間自分磨きをされています。

この動画をみると私ももっと努力をして今日の自分が、昨日の自分よりも成長していけるように頑張らないといけないとおもわせてくれます。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、また!!