新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

部下は2つのタイプ分けで十分!!PART①

 

おはようございます。はんたんです。

 

前回は、店長は、野球の監督のようにスタッフの特性に合わせて采配をするべきたということを書きました。

 

今日は、スタッフのタイプ分けについて書いていきます。

 

 

www.hantan2020.com

 

 

【究極の部下の性格分析~Meタイプ&Weタイプ】

 

石井裕之さんが提唱する手法を今回は紹介します。

 

MeタイプとWeタイプという、たったふたつのタイプにメンバー分けをします。

 

「複雑な人間をたった2つのタイプで処理しようだなんて、大雑把すぎる」と言われることがあります。しかし、どんな場合にも、シンプルなツールほど柔軟性があって実用的なものです。何よりも、たったふたつならば、すぐに覚えられ、すぐに活用できるというメリットがあります。

 

Meタイプ/Weタイプとは別の話ですが、例えば、あなたはメンバーに話をするときに、そのメンバーが男性か女性かで、言葉の使い方や距離の取り方を変えるはずです。

男性に対する場合には肩を叩いて励ますけれども、女性だったら身体に触れるのは少し控えめにするでしょう?女性の部下に対しては優しい口調で話しかけるけれども、男性の部下にはもうちょっと厳しい言い方ができるかもしれない。

 

男性/女性という2つのタイプだけだとしたら、とくに意識しなくとも、あなたは自然に使いこなせているはずです。

 

それと同じように、Meタイプ/Weタイプというたった2つのタイプであれば、現在の仕事に余分な負荷をかえず、今すぐにチームマネジメントに活用することができるのです。

 

【(私)重視か、それとも(私たち)重視か?】

基本的には、「このスタッフは、どちらかというとMeタイプに近い傾向があるな」とか「ややWeタイプ的な性格が強いな」というように読むだけでいい。そして、Meタイプ/Weタイプのいずれかに合わせた方法で褒め、叱り、指導すればいいです

 

Meタイプは、その名前の通り、「私」を中心に考え、感じ、行動します。

 

Weタイプは、お察しの通り、「私たち」を中心に考え、感じ、行動します。

 

タイプの名前が全てを語っているわけですから簡単です。

 

次回、具体的な「Meタイプ」「Weタイプ」への対応方法について書いていきます。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それでは、また明日!!