新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

アンガーマネジメント

おはようございます。はんたんです。

今日は、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、

アンガーマネジメントについて書いていきます。

 

怒りをうまくコントロールすることでエネルギーやモチベーションに

変えることもできるのです。それが、アンガーマネジメントです。

 

怒ることは、イメージとしてあまりよくないと感じる人が多いです。

しかし、怒るべきことは怒る。怒らなくていいことは怒らないことが

1番大切です。

 

【怒るメリット、デメリットについて】

まずデメリットからですが、

「あとで後悔する」「相手と気まずくなる」などメンタル面をあげる人が多いのでは

ないでしょうか。でも、実は、「身体に及ぼす悪影響」のほうがデメリットは大きい

のです。体のあらゆる機能が落ち通常の7、8倍くらいダメージがあるそうです。

怒る事のメリットは、何でしょう。「すっきりする」「相手にははっきり意志が伝えられる」といったことがあります。そして、意外に思われる方もいりかもしれませんが、

「モチベーションにつながる」というメリットがあるんです。

「くやしいから頑張る」「負けたくないから努力する」などの源となるアドレナリンは

怒りのエネルギーがないと生まれません。

大切なのは、怒るべきことは怒る。怒らなくていいことは怒らないようにすることです。

 

【怒りの正しい伝え方】

①「いつも」「絶対」は禁止  ⇒ お前、絶対ミスするな!必ず忘れるな!

②普段は、最小限の声量で   ⇒ 怒りは、効果的につかうべき

③主語は、「私」にする

④手短に伝える        ⇒ 短い言葉で怒れ・・・長いは説教になる

⑤「なんで」は使わない    ⇒ 怒りを素直にうけとれなくなる

※本来、「怒る=相手へのリクエスト」です。

 どうして欲しいか伝える手段

 

【イライラ解消術】

①青空を見る

 青空=心を落ち着かせる脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促進

②高周波の音をきく

 オルゴールなど

③タイムアウト[その場を離れる]

 ※怒りは、6秒後にピークになるので6秒以内でイライラをしずめるとよい。

  イライラ対象が、いなくなり怒りが収束

  「怒らせてしまった」と相手に思わせることで、その後お互いに

   冷静な対応が可能になる。

④1点集中

 パソコンを打つなど1つの作業に集中する。

⑤頭の中で複雑な計算をする

⑥魔法の言葉を唱える

 おちょこ、ペペロンチーノ、だっふんだなどまぬけな言葉がよい

⑦「べき」を捨てるべき

 誕生日は、一緒に過ごすべき

 「べき」は、その人だけの価値観

 

リーダーは、いろいろ我慢しないといけないシチュエーションが多いです。

その時、今日説明した「怒りの伝え方」「イライラ解消術」をうまく活用

して怒りをうまくコントロールするようにしてください。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。