新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

店長の事をパレートの法則で考えてみる!!

 

おはようございます。はんたんです。

 

今日は、パレートの法則について書いていきたいと思います。

 

 www.hantan2020.com

 

 

【パレートの法則】

パレートの法則(80:20の法則)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見しました。

 

経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。

 

80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれている。

 

例えば、飲食店で

売上の8割は、2割のお客様が作っている。

 

2割の売れ筋商品が純売上の8割を稼ぎ出す。

 

上位2位の営業マンが売上の全体の8割をあげる。

 

納税者の上位2割が税金総額の8割を負担している。

 

あと、社員は2割の働きものと8割の怠け者とに分かれる。

 

 

このことをお店で考えてみると

 

どんなに人気のある店長でも、8割くらい好きでいてくれる人と2割くらいの嫌いな人が存在するという事です。

 

逆に8割くらいに嫌われていて、2割くらいに好きでいてくれる人という場合もあります。この状態がいいのか悪いのかは別にして、おそらくお店の雰囲気はあまりよくなく、あまり数値結果はよくない可能性が高い。

 

どんな人気店長でも

100高評価があれば、低評価が10~20くらいはあるということです。

 

あなたが正しい事、やらなければいけない事をしている時でも

2割くらいは、邪魔してくるかもしれません。

 

そんな時に邪魔してくる人に対してストレスを感じるのではなく、『これパレートの法則だなぁ~』と思う事で、少し楽になることができると思います。

 

この世界では、誰も法則から逆らうことはできません。

自分だけじゃないんだ!!と思えば気持ちも楽になります。

 

変えることのできないことに無理やり逆らっても自分がダメになるだけです。

 

何事も原理原則に従うことですね。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた!!

 

 

www.hantan2020.com