新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

自分の性格に見合った準備をする!!

f:id:hantan030510:20190314111935j:image

こんにちは、はんたんです。

@hantan2020 

 

『悲観的に準備して楽観的に行動する』

最近私が一番意識していることです。

 

イチローは、高校時代、恩師から『プラス思考』と『慎重さ』を使い分けるよう教えられたという。練習中は自分は未熟だから誰よりも練習が必要と思い、本番では「必ず出来る」と自分に言い聞かせてバッターボックスに立っていたそうです。

 

つまり、自信に満ちているような人でも、最悪の事態を想定することでその不安をモチベーションに変えている人もいるのです。

 

当然ですが、皆がこんなことができるわけではないです。

今日は、自分の性格に見合った心の準備の仕方について書いていきます。

 

心配事を目に見えるようにする!!
 
人は「期待と現実がずれた時」にストレスを感じます。
だから、はじめから失敗を予測している人は、結果が悪かったとしても落ち込みづらく、もし失敗したとしても冷静に次の工夫を考えられます。
 
私は、すごく悲観的な人間です。だから、私のように何事も楽観視できないタイプの人は、仕事の前にあらかじめ『難しいだろうな』、『ダメだろうな』という悲観的な予測から入るのも戦略の1つとして有効だと思っています。
 
具体的に私が実践していることは、まずなにか目標を立てた後、『なぜその目標を達成することが難しいのか?』を考え、失敗する要因を思いつく限り書き出します。
次に書き出した項目についてそれぞれどうすれば解決できるかアクションプランを導き出します。
すると『これさえクリアすれば目標に近づける』という事が明確になります。
 
目に見える形になった心配事は、対処することができるので途中で立ち止まることはありません。
  

www.hantan2020.com

 

失敗を楽しむ
千を越える発明、うまくいかなかった数百におよぶ実験、失敗に次ぐ失敗。しかも、それらはすべて暖房設備すら整っていない薄暗い研究室でおこなわれたことである。
楽しそうにとても思えないが、これはエジソンが全生涯にわたってしつづけたことなのです。
彼は、死の直前に
「私は今までの人生で1日も仕事をしなかったんだよ。私のしてきたことはみんな、ただの楽しみだったんだから
ね」
と言ってのけた。
エジソンが世界最高の成功者の一人に挙げられるのも不思議ではない。彼にとって、失敗とはさらなる挑戦をするチャンスであり、どれもこれも楽しいことの連続だったのです。
もしかすると、私たちの仕事も楽しいことの連続なのかもしれない。そういう視点で自分の仕事を見直してみましょう。
 
 
最後に
 
不安や焦りが出てきた時の考え方として
 
「成果は、常に少し遅れてやってくる」
 
ということです。 
 
もし、それでも成果が出ないのなら、原因は大きく分けて2つあります。
 
①やり方を間違っている
②行動量が足りていない
 
だから、正しいやり方をしていても行動量が足りていないと成果は出ないことは起りえます。そのことに気付かずに「あれこれ違うことに手を出すこと」が実は一番致命的です。
それを防ぐための考え方が、「成果は常に少し遅れてやってくる」です。
 
本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた!!
 

www.hantan2020.com

 

<