新人店長のための店長育成(起業家)マニュアル

新人店長が壁にぶつかりながらも、1年後に起業家マインドが身に付くブログ!!

アルバイトを最大限に活用する方法

f:id:hantan030510:20190416214638j:image

【目次】   

 

www.hantan2020.com

 

アルバイトでお店の評価は下される。

 

飲食店は、もうパート・アルバイトの労働力抜きには考えられないです。

お店の総労働力の7割から8割がパート・アルバイトというお店も珍しくはないし、ファーストフードチェーンに至っては、実は9割がパート・アルバイトで占められている。これほどパート・アルバイトに依存する比率が高まっているのにもかかわらず、いまだに彼らを「使い捨ての単純労働力」と見下す風潮がある。そのためパート・アルバイトのほうも、自分たちは補助的な労働力で、仕事への責任度も低いと思い込んでしまう傾向がある。本当に困ったことです。パート・アルバイトといっても、1日の労働時間、あるいは週・月の労働時間が社員に比べて短いこと、あるいは学生アルバイトのように一定期間だけの短期労働であることを除けば、その仕事の内容は社員ととくに変わりがあるわけではない。社員であろうとパート・アルバイトであろうと、お客様にとっては等しく、お店の従業員なのです。ここが大事なところです。

つまり、パートアルバイトにも社員と同じ働きをしてもらわなければならないわけだが、労働力としての依存度が高ければ、お店の評価はパート・アルバイトの出来、不出来で決まってしまうということなのです。パート・アルバイトを軽視していては、売上高は上がらないのです。

 

これが店長の仕事だ!!

 

早く一人前にトレーニングして、気持ちよく働いてもらう。これは店長にとって重要な仕事です。

 

飲食店のパート・アルバイト労働力への依存度が高い理由は2つあります。

 

①人件費が安くつくこと

②お店の繁閑に応じた効率的な人員編成ができる

 

人件費については、同じ労働時間として、社員の4割から5割の金額ですむ。

そして、社員だと固定費になってしまう人件費を変動費化できるというメリットがある。

飲食業では、確実に利益を出していくためには不可欠のメリットです。

効率的な人員編成については、お店によってその効率の追求度に問題があるようだが、それは後で詳しく書いていきます。ここで考えなければならないことは、勤務時間の短さと教育・訓練の問題についてです。

たしかに、お店の忙しい時間帯や曜日だけ出勤してくれるというのは、経営にとって大きなメリットである。しかし、それは実は机上の計算にすぎない。

忙しい時間の従業員はいうまでもなく、暇な時間帯よりも高い能力を要求される。暇なときなら多少まごついたりしても、仕事の流れに大きな影響は出ないが、ピーク時はそうはいかない。少数の仕事の習得度の低い従業員のために混乱をきたし、パニックに陥ってしまう危険性が大いにある。現にランチタイムやディナータイムのたびに、ホールばかりか厨房まで大混乱、というお店も少なくない。

大型店ほどその危険性が高いし、混乱も大きくなる。従業員間の仕事のレベルの落差が、一番大切なチームワークをガタガタにしてしまうからです。

 

www.hantan2020.com

 

 こういう状況をお客様がどう感じるのか。お客様の満足はQSCの三要素で決まりますが、サービスがこういう状態では、とても満足などしてもらえない。

また、従業員間で仕事のレベルに差がありすぎると、従業員同士の人間関係もギクシャクしてくる。そうなると必ず、お店の雰囲気は暗くなる。これも、客数減少の大きな要因です。つまり、パート・アルバイトを採用することによって、たしかに人件費は圧縮できるのだが、肝心の売上高を落としてしまう可能性もまた、一方にあるということです。

もちろん、パート・アルバイトは仕事ができないといっているのではありません。いかにパート・アルバイトを訓練し、気持ちよく働いてもらうかは、店長の重大な責任だといっていいのです。

 

 

アルバイトを軽く見てはいけない

 

パート・アルバイトの給与は、社員に比べてはるかに低い。しかも、実際の仕事は社員とほとんど変わらない。それでどうして、パート・アルバイトは甘んじているのだろうか。

諸悪の根源は、最初に述べたパート・アルバイト軽視の風潮である。「給与が安い代わりに、大した責任もない」というのが彼らの常識になってしまうのです。

しかし、理由はそればかりではありません。むしろ、もっと大きな理由といえるのが、彼らの働く目的である。

パート・アルバイトが飲食店で働く動機は、いろいろあるだろう。主婦のパートタイマーなら、空いている時間を利用して小遣い稼ぎをしようとか、家計の足しに、という動機が多いが、なかには社会経験のためという人もいる。学生のアルバイトの場合も、たんなる小遣い稼ぎばかりでなく、バイクを買うとか、海外旅行の資金を貯めるといった、具体的な目的をもっている人も多い。

ここで大事なことは、どんな動機、目的にしろ、彼らにとって一番の問題は、お金を稼ぐことだということです。ほとんどの人が、飲食店の仕事がしたくて応募してくるのではないのです。つまり、どこで働くかは二の次の問題のわけです。だからこそ、時間当たりの給与や、その他の労働条件が社員より劣っていても、それを甘んじて受け入れているのである。

したがって、パート・アルバイトの教育・訓練に当たっては、サービス業としてのこの仕事の意義をよく理解させる必要があります。これをおろそかにすると結局は、お客様のお店に対する評価を下げて、自分で自分の首を絞めてしまうことになる。また、短期間のうちに習得させなければならないのだから、教える店長はかなりの訓練技術を要求されることになる。

パート・アルバイトを上手に使うというのは、実はかなり大変なことなのです。その代わりに、きちんと教育・訓練すれば、計数的にも大きな戦力になる。つまり、パート・アルバイトはいわば両刃の剣なのです。パート・アルバイトを軽く見る店長は、必ず手痛いしっぺ返しを受けることになるのです。

 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

<